食中毒ニュース&トピックス

保育園児ら16人がO157感染

 平成20年8月7日の毎日新聞の記事によると、鹿児島県健康増進課は6日、徳之島の保育園で、園児、保護者ら16人から腸管出血性大腸菌O157が検出されたと発表した。
 このうち、12人が下痢などを訴えたが症状は軽く、いずれも快方に向かっているという。集団感染とみて、1歳児のクラスが4日以降、休園している。
 

 同課によると、2歳の女児が7月28日、発症し、その後、3日までに園児6人が新たに発症。その後の検便で、さらに9人から菌が検出された。感染源などは不明で、園を消毒している。

 この記事の詳細はこちら

株式会社アルコスの沿革(歩み) 食中毒予防の関連リンク(株式会社アルコス) 会員登録の規約 株式会社アルコスで働くパートナーの募集 当サイトの運営方針 株式会社アルコスの個人情報に関する方針 株式会社アルコスへのお問い合わせ
Copyright© 2011 食品衛生サービス(食中毒・異物混入の予防対策)の株式会社アルコスです。 All Rights Reserved.