食中毒ニュース&トピックス

保育園で38人が食中毒

 平成20年8月10日の毎日新聞の記事によると、岡谷市内の某保育園で7日に起きた集団食中毒は9日、ヒスタミンが原因と発表した。
 給食として出したカジキの甘辛がらめから検出された。

 当初32人とされた患者は、後の検査で38人だったことも判明した。(諏訪保健所など調べ)

 この記事の詳細はこちら

株式会社アルコスの沿革(歩み) 食中毒予防の関連リンク(株式会社アルコス) 会員登録の規約 株式会社アルコスで働くパートナーの募集 当サイトの運営方針 株式会社アルコスの個人情報に関する方針 株式会社アルコスへのお問い合わせ
Copyright© 2011 食品衛生サービス(食中毒・異物混入の予防対策)の株式会社アルコスです。 All Rights Reserved.