食中毒ニュース&トピックス

大分:焼き肉店にて28人が食中毒、カンピロバクターを検出

 平成20年10月26日の毎日新聞の記事によると、大分市保健所は25日、同市内の焼き肉店で会食した28人が下痢、発熱などの食中毒症状を起こしたと発表した。

 患者から食中毒菌のカンピロバクターを検出。

 同店を27日まで3日間の営業停止処分にした。

 この記事の詳細はこちら