食中毒ニュース&トピックス

岩手県の剣道大会で、黄色ブドウ球菌が原因で食中毒

 平成21年7月22日の毎日新聞によると、岩手県は21日、岩手県内の中学の生徒、教師、保護者計53人が黄色ブドウ球菌による食中毒症状を示したと発表。

 18日午後に発症し、10人が入院、9人が通院し全員快方に向かっている。

 宮古市で開かれた剣道大会で、主催者が注文した弁当を食べていた。

 弁当を作った同市の店を23日まで営業停止処分とした。

 この記事の詳細はこちら