食中毒ニュース&トピックス

熊本の野球部員の子供と保護者が焼肉店でカンピロバクターによる食中毒

 平成21年10月29日の毎日新聞によると、熊本県は28日、上天草市の焼き肉店の客14人が食中毒症状を訴え、患者3人の便からカンピロバクターが検出されたと発表した。

 県は食中毒と断定し、同店を同日から2日間の営業停止処分にした。

 県健康危機管理課によると、14人は同市立登立小の野球部員の子供8人と保護者ら6人。

 17日に飲食した後、下痢、腹痛などを訴えた。

 この記事の詳細はこちら

東京都の焼き肉店で食事をした女性二人からO157が検出

 平成21年10月24日の毎日新聞によると、東京都は23日、某焼き肉チェーン店で先月29日に食事をした19歳の女性2人が下痢などの食中毒症状を訴え、O157が検出されたと発表した。

 女性らはすでに回復しているという。

 都福祉保健局によると、女性らが症状を訴えたのは今月4日と5日で、いずれも入院はしていない。

 同店は15日から営業を自粛。

 渋谷区は23日、同店を経営する会社に対して、同店を24日から3日間の営業停止処分とした。

 この記事の詳細はこちら

福岡県のグループホームの女性8人が入院、食中毒の可能性あり

 平成21年10月21日の毎日新聞によると、北九州市は20日、市内のグループホームの51~100歳の入所者17人と職員2人の計19人が17日に発熱や下痢などの症状を起こし、医療機関を受診したと発表した。

 全員女性。8人が入院中で、快方に向かっている。

 食中毒の可能性があるとして市保健所が調査している。

 この記事の詳細はこちら