食中毒ニュース&トピックス

山梨県の宴会場で男女45人がノロウイルスによる食中毒

 平成22年2月15日の毎日新聞の記事によると、山梨県衛生薬務課は14日、甲府市内の施設の宴会場で7日に食事をした30~80歳代の男女45人が、ノロウイルスによる食中毒を発症したと発表した。

 全員が軽症で快方に向かっている。

 同課によると、7日にこの施設で新年会などで食事をした3団体計141人のうち、45人が8~11日にかけて下痢や吐き気などの症状を訴えた。

 県中北保健所が検査し、客9人と調理従事者2人からノロウイルスが検出された。

 同施設以外で共通の食事を取っていないことから、食中毒と断定された。

 県は同施設の食事を作っている飲食業を14日から3日間営業停止とした。

 調理施設以外は通常通り営業する。

 この記事の詳細はこちら

アーカイブ