食中毒ニュース&トピックス

岩手県の飲食店で、煮物が原因で発生するウエルシュ菌で食中毒

 平成22年4月5日の毎日新聞の記事によると、岩手県は4日、一関市内の飲食店の弁当を食べた20~50代の11人が、ウエルシュ菌による食中毒になったと発表した。

 3月31日に製造された同店の弁当を食べ、今月1日に腹痛や下痢を訴えたという。

 弁当と複数の人の便からウエルシュ菌が検出されたため、同店を4日から3日間の営業停止処分とした。

 詳しくは、毎日新聞社のサイトをご参照ください。

 ウエルシュ菌などの予防に有効な除菌剤(エスミール)の詳細はこちらから

アーカイブ