食中毒ニュース&トピックス

牛ひき肉にO157、米北東部で2人死亡

 平成21年11月3日の朝日新聞によると、米国の食肉加工会社は2日、出荷した牛ひき肉の一部が病原性大腸菌O(オー)157に汚染されていた恐れがあるとして、回収することを発表した。

 AP通信によると、この牛肉による食中毒で2人が死亡した。

題の牛肉は主に米北東部で販売されていた。

 米農務省によると、ミートローフやミートボールに加工されていたものもあった。

 米疾病対策センターによると、O157による食品汚染は米国で最近、毎年のように起きている。

 汚染されたものは牛肉のほかホウレンソウやピザなどで、今年6月に起きた牛ひき肉の汚染・回収騒ぎの際には、23人が食中毒を起こしている。

 この記事の詳細はこちら