食中毒ニュース&トピックス

神奈川県の女子学生寮でノロウイルス検出、15人が症状

 平成21年12月16日の毎日新聞の記事によると、藤沢市保健所は15日、同市の女子学生寮で、16~21歳の寮生15人が発熱や下痢などの症状を訴え、ほぼ全員からノロウイルスが検出されたと発表した。

市は寮の食事を原因とする食中毒と判断、経営する会社に対し当面の間、調理場を営業禁止処分にした。

 寮生らは快方に向かっているという。

 この記事の詳細はこちら

横浜の保育園児18人がカンピロバクターで症状、給食業務禁止処分

 平成21年12月15日の毎日新聞の記事によると、横浜市は14日、市内の保育園で提供した給食による食中毒で、園児18人が下痢などの症状を訴えたと発表した。

 市によると、園児らは5~7日に発症し、同区内の医療機関の検査で10日、園児3人の便からカンピロバクター菌が検出された。

 原因は3日の給食とみられ、市保健所は14日、同園を当面の間、給食業務の禁止処分とした。

 この記事の詳細はこちら

ノロウイルス検出、東京の区立小学校の給食が原因 

 平成21年12月13日の毎日新聞の記事によると、東京都足立区の区立小学校で、児童と教員200人以上が嘔吐(おうと)や吐き気を訴えていた問題で、都は13日、患者からノロウイルスが検出された、と発表した。

 患者は8日の学校給食を食べた後に一様に症状が出ていることから、給食が原因による食中毒と断定した。

 都によると、8日の給食メニューは、あんかけ焼きそば、揚げワンタン、いもようかん、牛乳。

 足立区は同校の給食施設を14日から3日間の業務停止とした。

 また同区によると、同校は14日を全校休校とし、15日から再開する予定だが、調理給食の開始は未定という。

 この記事の詳細はこちら